エストロゲンは女性ニキビの救世主です!

エストロゲンというのは、女性ホルモンの1種類で、別名で卵胞ホルモンとも呼ばれています。

このエストロゲンが多く分泌される時期には、ニキビが目立たなくなったり、肌のツヤがよくなったりする美肌効果もあるため、美肌ホルモンとも表現されることがあります。

今回は、そんなエストロゲンにスポットを当てたいと思います。

救世主

女性ホルモンのバランスが乱れるとニキビができやすくなる

女性の体には、2種類の女性ホルモンが存在しています。

エストロゲン(卵胞ホルモン)
・プロゲステロン(黄体ホルモン)

上記の2つですね。

これら2種類の女性ホルモンは、生理の周期によって優位になる立場を交互に変えながら分泌されています。

この周期をきちんと把握して、自分の肌がどのような状態なのかがわかるようになれば、より綺麗な肌へ近づいていくと思います。

皆さんも、是非女性ホルモンを味方につけて、ニキビのない綺麗な肌を一緒に目指していきましょう^^

エストロゲン(卵胞ホルモン)

エストロゲンは、女性らしさを与えてくれるホルモンです。ニキビ予防や対策は、このエストロゲンが分泌される時期に行うと、より効果を発揮すると言われています。

なので、新しい化粧品を試した時なんかはこの時期に挑戦するのが1番いいです。

そんなエストロゲンの主な作用としては、肌の水分量を増やしてくれたり、肌の奥にある真皮細胞(コラーゲン)の生成を促してくれりします。

肌の水分量が増えるということはそれだけ毛穴が詰まることも少なくなり、自然とニキビ予防へとつながります。また皮脂の分泌も抑制してくれるため、皮脂が多くでていた人ほど、毛穴に皮脂が詰まることもグッと減ることでしょう。

また、美肌効果以外にも脳への血流を良くしてくれたり、気持ちを前向きにさせてくれたりする作用もあるので精神的にも非常に良い効果が期待できます。

こうやって見ると、エストロゲンは私たち女性の味方だということがより明確になりますね!

エストロゲンが分泌されすぎるのは良くない

ですが、エストロゲンが分泌され過ぎるというのも良くないという事実も知っておかなければなりません。エストロゲンが通常よりも過剰に分泌されるようになると、様々な病気を引き起こしてしまう可能性があります。

例えば、

・乳がんのリスクを高める可能性がある
・子宮筋腫などのリスクを高める可能性がある

上記のような婦人病になるリスクが高まると言われています。

これらの他にも、卵胞ホルモンは毛穴から排出される皮脂の分泌を抑制する働きもあるので、逆に肌に最低限必要な皮脂が作れないといった悪影響が出てくる可能性もあります。

肌が乾燥しやすくなれば、肌の一番外側にある角質層がカサカサになり、毛穴が詰まりやすくなります。その結果、毛穴が塞がり、ニキビを引き起こしてしまうことが考えらられます。

なので、エストロゲンが美肌効果があるから、エストロゲンをより多く分泌させようという発想はとても危険です。やはりホルモンのバランスを安定させる努力が、ニキビ予防や改善にとっても非常に効果があると私は思っています。

大豆にもエストロゲンと似たような効果がある!?

ホルモンのバランスを乱さないようにと意識しても、実際にコントロールするのは至難の業ですよね・・・?(汗)

規則正しい生活習慣や食生活を送ることしか、思いつかないし、それ以外にないんじゃないの?と私もつい最近まで思っていました、、が、しかし!

ある食品を食べることによって、エストロゲンの働きを促進してくるものがあるというのです!

その気になる食品というのが、、既にサブタイトルで公開している、「大豆」になります。

納豆が好きで、ほぼ毎日のように食べている私にとって、これはビックニュースでした。(笑)

さらに詳しくお伝えすると、大豆などに含まれている「イソフラボン」がエストロゲンの働きをより活発にしてくれるようです。

最近では化粧水に「大豆イソフラボン」と書かれた商品も見かけるので、その効果は既に一般的に定着しつつあるのかもしれませんね!(私は最近知ったのですが・・汗

なので、皆さん大豆をたくさん食べましょー!!

・・・と言っても誰も大豆ばかり食べれないですよね。

大豆でできた食品である、納豆や豆腐を積極的に食べるなら誰にでも実践できそうですね!

もちろん、大豆食品ばかり食べても美肌効果は期待できないので、バランスの摂れた食事+大豆食品を一品増やすといったことが私のオススメの食事方法です。

大豆には抗酸化作用も期待できます

私たち人の体には、ストレスを感じたりすると肌の老化の原因となる活性酸素が急激に増加することがあります。

活性酸素は、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を遅らせ、肌の角質層に古い角質が溜まりやすくなります。その結果、毛穴に皮脂がつまりニキビが発生してしまうのですが、それを防ぐ効果(抗酸化作用)が大豆にもある言われています。

Topへ⇒女性ニキビ治療なび

サブコンテンツ

このページの先頭へ