女性必見!皮脂の分泌が多い人ほどニキビで悩む!?

以前の私もそうだったのですが、時間が夕方に近づくにつれ、気がつくと顔がテカテカしていたり、化粧崩れが酷かったりする女性の方は、毛穴から出ている皮脂が普段から人よりも多く排出されている可能性が高いです。。

皮脂は本来、皮膚の一番外側に薄くある油分であり、皮膚を外敵から守ったり、体毛が絡まったりするのを防ぐ効果があると言われています。

ですが、そんな皮脂でも過剰に分泌されると、顔のテカリの原因になったり、ニキビといった肌荒れの原因ともなる危険性があります。

皮脂が多いイメージ画像

皮脂が出過ぎるとニキビの原因になります

皮脂の排出される量が一定量を超えると、それは余分な油分となるため、肌に悪影響を与えてしまいます。

どういった悪影響があるかというと、そう私たちの永遠のライバル「ニキビ」です。

ニキビは、毛穴の外に排出されなかった皮脂が詰まることによって発生する皮膚の病気だとされています。

毛穴が溜まって、さらに皮脂が作り続けられると、毛穴の中の炎症もどんどん大きくなっていきます。小さなニキビのうちに適切な処置をしておかないと、最初は白ニキビだったのが、徐々に炎症が悪化して赤ニキビになったり。

最悪のケースだと、黄ニキビと呼ばれるニキビ炎症の最上級まで悪化するケースもあります。

赤ニキビや黄ニキビまで炎症が悪化すると、そのニキビの炎症が治まったとしても肌にニキビ跡を残す可能性があるので、これは絶対に避けなければなりません。

皮脂は、肌に一定量あった方がいい

皮脂が出過ぎるのは危険!という文章を読むと、「じゃあ、皮脂を取れば問題ないんでしょ?」と思う人が意外と多いと思います。

私も少し前までそう思っていて、皮脂が多いなと感じる時は、普段よりも洗顔する時間を長くしたりしていました。

だけど、これがニキビを悪化させる原因となっていました。

この記事の冒頭にも書きましたが、皮脂には皮膚を保護する役割があるので、一定量肌にいてくれた方がいいのです。

皮脂の分泌が多い人はどのようなスキンケアをしたらいい?

確かに、肌に皮脂がありすぎるのも問題です。だからと言って、あぶらとり紙で頻繁に皮脂をとったり、洗顔で洗い落としすぎると、逆に皮脂の量は増えていきます。

人の肌は、皮脂を取ると、今まで以上に皮脂を作って排出しようとする働きがあります。

これを知らないでいると、

皮脂を取る→皮脂が前よりも増える→より皮脂を取ろうとする→さらに皮脂を増やそうと体は頑張る

といった悪循環が生まれてしまうので、注意が必要です。

なので、特に皮脂が多くて顔がテカテカしてしまう日でも、普段と変わらない正しいスキンケアで、皮脂を余計に洗い落とさないようにするのが1番いいと私は実感しています。

皮脂が多いからといって、洗浄力の高い洗顔料であらった日には、私のようにニキビ生活から抜け出せなくなってしまうので、皆さん細心の注意を払うようにしてくださいね!

これは、ニキビで本当に悩んだ私からの切実なお願いです。

皮脂が増える原因を知って、ニキビを予防しましょう

皮脂の分泌量を増やさずに、なるべく常に一定の量排出されるようになれば、皮脂が原因でニキビができることはなくなると思っています。

なので、ここからは、皮脂を増やす原因となりやすいことがらを書いていきますね!これを知れば、きっとあなたもニキビのない綺麗な肌になれます!

ホルモンバランスが影響している

これは特に女性の方に大きく関わっています。

女性は、体内で分泌される女性ホルモンが2種類あります。プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)ですね。

このうちプロゲステロンの方が分泌される時期になると、皮脂の分泌される量が増えるといわれています。

女性なら誰しもがこの辛い時期を乗り越えなくちゃいけません。ニキビができても、普段通りのスキンケアと生活習慣で辛抱強く耐え抜くことが非常に大切になってきます。

ストレスが関係している

体が強いストレスを受けると、これも皮脂の増加につながってしまいます。現代社会で生きる女性でストレスを感じない人はいないと思います。

なので、ストレスが溜まってもそれを発散する術を身につけておくこもニキビ予防のためには欠かせないことになってきます。

私の場合だと、親しい友人たちとカラオケでSMAPを歌いまくったり、趣味であるウォーキングを家の周辺でしてみたり・・・と無理のない範囲でやっています!

あとは、女子会でグチる!これ、最強だと思っています。笑

ただし、女子会で調子にのってお酒を飲み過ぎたり、語りすぎて夜遅くなると肌への負担となるので、要注意です。

刺激の強い化粧品は避ける

ニキビを気にするあまり、洗浄力(刺激)の強い化粧品に変えている人も少なくないと思います。

だけど、これが逆効果になっている可能性が高いです。

過剰な洗顔やスキンケアは、肌にダメージを与えるだけでなく、皮脂の量をコントロールできなくしてしまうこともあるので大変注意が必要です。

Topへ⇒女性ニキビ治療なび

サブコンテンツ

このページの先頭へ