女性は生理前にニキビが出来やすい!?その理由と対策について

女性は生理の日が近づくにつれて、顔にニキビが出来やすくなると感じている人が多いと思います。私もその中の一人で、生理前は特にあご周辺やほっぺたに赤いニキビが出来やすくなります。

そのせいでストレスもたまって、イライラすることも増えるし・・・そしたらニキビもまた増えて。。。と悪循環に陥りやすくなるのも生理前にできるニキビの特徴だと思います

生理前イメージ画像

生理前にニキビができるのは黄体ホルモンが原因!?

生理の日が近づいてくると、徐々に肌から潤いがなくなって、気づいたらカサカサと乾燥しやすくなっていませんか?また、何だか肌が乾燥すると思ったら、赤いニキビができてる。。といった女性は私だけじゃないはずです!

これは、女性ホルモンの1つであるプロゲステロン(黄体ホルモン)が、生理前になると盛んに分泌されるようになるからなんです。

肌がパサパサと乾燥するということは、それだけ肌の水分がなくなっていて、まるで干上がった田んぼのようにガタガタと土壌(角質層)が浮き上がっているイメージです。

こうなってしまうと、本来毛穴から排出されるはずの皮脂が、毛穴の中に詰まってしまいます。その結果、毛穴に詰まった皮脂は、そこにやってきたニキビ原因菌(アクネ菌)のエサとなり、毛穴の奥で炎症を起します。それがニキビを発生させる原因となります。

つまり、これらをまとめると、排卵日前の肌というのは、肌の乾燥が進みやすくニキビができやすいということです。プロゲステロンが肌に与える悪影響は思っているより大きいと思った方がいいのかもしれませんね。

生理前のニキビは、おでこやあごに出来やすい!?

私の場合だと、生理前に出来るニキビはあご周辺やほっぺたにポツポツとできることが多いです。私の周りの友達も、生理前になるとあごやおでこに出来やすくなると言っているので間違いないのかな?と実感しています。

どうして、生理前のニキビは、おでこやあご、そして頬にできやすいのでしょうか?

これは、大人ニキビで悩む人同様に、肌が乾燥していることが1番の原因だと私は思います。

既に書きましたが、生理前はプロゲステロンという女性ホルモンが多く分泌されています。このプロゲステロン(黄体ホルモン)は、男性ホルモンと似たような働きがあることでも有名です。

例えば、皮脂の分泌量をいつもより多く排出するようにしたり、肌の外側にある角質層を硬くしたりといった働きが男性ホルモンだけでなく、女性ホルモンであるプロゲステロンにも見られます。

特に肌の外側にある角質層が硬くなれば、それだけ毛穴に皮脂が詰まりやすく、ニキビができやすいです。また、顔の中でも乾燥しやすい、顎や口回りといった箇所はより一層乾燥してしまいます。

さらに、顎や口回りというのは、男性でいうとヒゲが生えるところですよね?これは男性ホルモンの働き似たプロゲステロンでも、同じような現象が現れると考えます。

男性ホルモンに似た働きをするプロゲステロンが多く分泌されるということは、あごや口周りの皮脂の量を増加させることにつながるんだと思っていて、これが生理前にあごや口周りにニキビができやすい大きな要因だと私は考えています。

生理前にはどんなスキンケアをすればいいのでしょうか?

では、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が盛んになる生理前は、どのようなスキンケアをしたらいいのでしょうか?

特に生理前の時期というのは、肌の状態も敏感になっています。なので、ニキビ用のスキンケア商品を使うよりも、刺激の少ない敏感肌用の化粧品を使用することをオススメしたいです。

私のケースだと、肌が敏感な時期に刺激の強いニキビケア商品(化粧品)を使用すると、必ずと言っていいほど失敗します。肌が敏感だということは、普段よりも肌のバリア機能も弱っているためです。この時期ほど、化粧水や美容液、そして乳液などでいつも以上に保湿に力をいれるスキンケアがいいと思います。

また、生理前の肌というのは紫外線にも弱くなっているので、念入りに日焼け止め・UVカットをするようにしましょう。紫外線対策をしないと、いつも以上に肌にシミが出来やすくなるので要注意です。

私が取り入れているスキンケア以外で生理前ニキビの予防策

以前何かの本か雑誌で読んだのですが、生理前のニキビの予防策としては、睡眠不足にならないことや、ストレスを溜めすぎないこと、軽い運動をすること、バランスの良い食生活など、規則正しい生活習慣をすることと書いてありました。

その中でも特に印象に残って、今でもずっと継続していることがあります。それは、納豆や豆腐などの大豆製品を普段よりも積極的に食べるということです。

大豆には質の高い植物性タンパク質が含まれていて、肌細胞を作る材料になったりするのでとてもオススメです。

生理前になると、意識して1日に納豆を2パック食べてみたり、おかずに豆腐を1品加えたりと、ほんの少しの努力ですが、これだけでも生理前にニキビが出来にくくなったと実感しています。

やっぱり何事も継続していくことが大切なのかもしれません。

女性の皆さん!生理前は本当に肌トラブルで悩まされますが、一緒に乗り切っていきましょうね!!

Topへ⇒女性ニキビ治療なび

サブコンテンツ

このページの先頭へ