知ってました?乾燥肌の人のメイクは下地はもちろん、その前の段階も重要です。

乾燥肌の人は、皮膚の表面がカサカサしやすく、最悪の場合は肌が白く粉ふいたような感じになりますよね?なので、それをカバーするためにはお化粧の下地もかなり重要になってきます。

また、下地の前に行うメイク前の肌のお手入れもかなり必要になってくるので、今回はそのあたりも見ていきましょう!

下地イメージ

メイクの前の洗顔

乾燥肌の人は、他の肌質よりも敏感なため、洗顔で強い刺激を与えるものは使用しないようにしたいです。そして正しい洗顔方法で洗顔する事が重要です。

肌を刺激すれば、それだけ肌へのダメージが大きくなり、メイクどころではなくなってしまうからですね。。(> <)

また、クレンジングや洗顔をする時にはきちんと手を洗って、清潔にしてから洗顔料を手にとることも大切です。

ここで私のちょっと話しづらい話をしたいと思います。

私は以前、洗顔をしようと思って洗顔料を泡立てていたら妙に泡の色がグレーの時がありました。その時なんでかな?と思っていたら、手の汚れがハンパなかったんですね。。

洗顔の直前に、おじさんのように新聞をみまくっていたのが原因だったようです。

このように、意外なことで手が汚れているので、その汚れを洗顔でつけないように気をつけましょう(多分ほとんどいないと思うのですが・・・笑)

洗顔の後は保湿!

洗顔をしたとは保湿が超重要になってきます。特に乾燥肌の人は洗顔後にすぐに保湿しないと乾燥がめちゃくちゃ悪化したりするので、気をつけておきたい項目です!

洗顔後の保湿といえば、化粧水や美容液、そして乳液ですよね?

この3つ全てをするのがいいのですが、予算の関係や肌の状態によっては化粧水の重ね付けや、保湿力の高い乳液などを使用する対策が必要となってきます。

肌が乾燥するかどうかは、洗顔後の保湿が最も重要だといっても過言ではないと私は感じています。

いよいよ下地です。

メイクの前の洗顔が終わった後は、いよいよ下地を塗っていきます。

メイクをする前には必ず下地をした方がいいと言われていて、実際に私も下地をしっかりとするようになってからの方が肌への化粧のりが良くなったと感じています。

と私がいうまでもなく、ファンデーションを塗る前にはしっかりと下地をする必要があるようです。(正直言うと、私は大学生になるまで下地の存在は知っていましたがそこまで大事だとは思っていませんでした汗)

そもそも下地とは、ファンデーションを塗った際によく肌にくっついてくれる効果や肌の凹凸をなめらかにしてくれる効果、さらには肌を保護する役目を担ってくれます。

下地には保湿効果もあるので、乾燥肌の人は積極的に塗っていくのがいいんですね。

正し、これも付けすぎるとニキビや吹き出物といった肌荒れの原因になりますし、化粧崩れも引き起こしやすくなるので注意が必要です。

そして、下地には、色がついているものが大半だと思います。それが肌のトーンを明るくしてくれる効果も期待ができるんですね!

ですが、色選びを間違うと逆に顔色を悪くしたりする恐れがあるので、自分の肌に合うものを購入するようにしましょう。私は必ず購入前に自分の肌に実際に塗ってみて確認するようにしています。店員さんが入ればその方にお願いして確認させてくれることが大半だと思っています。

「実際に塗ってみたときの色を確認したいのですが・・・できますか?」

とお願いしてみてください!店員さん(プロ)が的確にアドバイスしてくださるので、ほんとに自分に合った色というのもわかって楽しいですよ♪

下地の付け方

さて、次は下地の付け方です。

下地は基本的に顔の中心から外側に向かって塗っていくのが1番いいといわれていて、実際に私も色々試してみましたが、顔の中心から外側が1番綺麗に塗る事ができると感じています。

①まず、Tゾーン(おでこ・鼻の上)に下地を塗っていきます。次に頬(目の下の辺り)に付けていきます。

②それらを外側に薄く伸ばすように塗っていきましょう。この時注意したいのは、下地が一カ所に固まってしまうことです。下地はあくまでベースメイクなので、薄くうすーく伸ばしていく感覚で塗りましょう!

もし下地がうまくできていなかったらそれだけファンデーションの馴染みも悪くなり、化粧崩れの原因となってしまいます。

下地は塗る量を決める事が大切

乾燥肌の人には、保湿力をもった下地をつけることをおすすめしましたが、実はそれだけでは肌を完璧に保湿することはできないんですね。。

「下地に保湿効果があるって聞いたから多めに塗ってるよ?」

という方は要注意です。下地も塗りすぎると、毛穴を塞いでしまう恐れがあるからですね。

私も下地の素晴らしさに気づいてからしばらく、下地ばかりに力をいれてしまい、ニキビなどの肌荒れを引きおこすことに繋がってしまった経験があります。。

下地の理想的な量は、パッケージや商品説明書に書いてある数値を確認してみることです。

メーカーさんが色々な研究をした結果(1番効果のでやすい量)を提示してくださっていると思うので、それを目安にするのが1番いいと私は思っています。

Topへ⇒女性ニキビ治療なび

サブコンテンツ

このページの先頭へ