注目!乾燥肌の人のためのメイク落としについて

乾燥肌の人は、人一倍肌に何かを塗ったりつけたりする人が多いかもしれないですね。それだけ肌の乾燥は深刻な肌トラブルだということがわかります。

朝起きたら洗顔をし、その後に化粧水や乳液、そしてファンデーションと日焼け止めを毎日のように塗りますよね?

そうすると、メイクを落とす必要も出てきますよね?お化粧をしたら毎日クレンジングや洗顔料で化粧を落とさなければなりません。

そうしないと毛穴がつまったりしてニキビなどの肌トラブルを抱えることになるからですね。しかし、メイク落としも正しい方法を身につけないと逆に肌を傷つける原因となってしまいます。

特に乾燥肌の人は、他の肌質の人よりも敏感で肌トラブルを引き起こしやすい肌質だと私は感じています。

以下で乾燥肌の人のためのメイク落としについてまとめてみますね。

メイク落としイメージ

乾燥肌の人のためのクレンジング

乾燥肌の人のクレンジングは、かなり注意して行わなければならないスキンケアだと思っています。もちろん、他のオイリータイプの方や混合肌タイプの人の肌も細心の注意を払う必要があります^^;

クレンジングには様々な種類(タイプ)がありますよね?

・クリーム
・オイル
・ミルク
・ジェル
・拭き取り

といった感じでですね。

この中でも乾燥肌の人にオススメしたいのはミルクタイプのクレンジングですね。

クレンジングは普通の人の肌質でもかなりの刺激を与えてしまうスキンケアです。

なので、乾燥肌の人はより刺激を受けてしまう可能性があるので、1番刺激の弱いマイルドな感じでクレンジングできるミルクタイプが良いと私は実感しています。

ミルクタイプをオススメする理由

ミルクタイプは、他のクレンジングのタイプのものと比較しても非常にマイルドなため、肌への刺激も最小限で押さえられると言われています。

また、洗い落とす際にもそれほど多くのすすぎを必要としないところも乾燥肌の人へおすすめできる理由の1つです。

ですが、刺激が弱いということはそれだけクレンジングの持つ洗浄力も他のオイルタイプと比べたら落ちてしまいます。

なので、メイクがクレンジングで落とせないんじゃないの?という疑問を持たれる方もいらっしゃると思いますが、それは大丈夫です。

なぜなら、クレンジングと洗顔の両方をし終わって初めてメイクを完全に落としていくからですね。

メイク落としで勘違いしやすいのは、このクレンジングで完璧にメイクを落とそうとしてしまうことだと私は感じています。ニキビなどの肌荒れで悩んでいた時の私がそうだったので気持ちがよくわかるんです。

クレンジングと洗顔で、メイク落としの完成度を100%とすると、クレンジングで洗い落とす際は約60%程度洗い落とすイメージですると、肌にそれほど刺激を与えずに洗い終えることができると思います。

ミルクタイプの使い方

①まずはミルクタイプのクレンジングを適量手に取っていきます。この時の量は、使用するクレンジングのパッケージや説明書に書かれた分量を目安にするようにしましょう。

目分量では効果が半減したり、肌を痛めてしまう可能性があります。

※クレンジング料を摂る前に、手を事前に温めておくこともクレンジングの使用感がよくなると感じています。

②次に、鼻の上やおでこといったTゾーン部分にクレンジングを優しく馴染ませていきます。この時指先で軽くクルクルする程度にしておきましょう。

③Tゾーンの次は、Uゾーン(あごや頬)になります。これらの箇所は他の場所よりも乾燥しやすいので、よりいっそう指先で優しく丁寧にクレンジングをしていく必要があります。

④顔全体をクレンジングをし終わったら、最後にぬるま湯ですすぎを行っていきます。

この①~④の行程を終えるまでにかける時間は1分以内に終わらせたいです。それ以上は逆に肌への刺激が大きくなって、乾燥肌が益々悪化してしまうことも考えられるからですね。

乾燥肌の人のための洗顔

次は洗顔になります。乾燥肌の人は肌がとにかく弱っている状態ですので、洗顔をする際には本当に優しすぎるというくらい優しく洗顔するようにしましょう。

洗顔の仕方

①まずは手を清潔にしましょう。

手が汚れていては、それが洗顔料と混ざって顔に付いてしまう恐れがあるからですね。

②次に洗顔料を適量手に取り、泡立てネット等で上手に泡立てていきます。

そうすることでより優しく洗顔をしていくことが可能となります。

③泡をTゾーンから優しく馴染ませていきます。

指先でゆっくりと丁寧にクルクルと泡で洗うイメージで行いましょう。

④次にUゾーンです。

次に泡でUゾーンを洗っていきます。Tゾーンよりもさらに優しくクルクルと回していきます。

⑤最後にぬるま湯ですすいでいきます。

洗顔もクレンジングと同様に①~⑤までの行程を1分以内で終わらせるようにしましょう。1分以上は必要な皮脂までも取り除いてしまう恐れがあり、さらいに乾燥が悪化する可能性があるからです。

※あまりに乾燥が酷い場合は、メイクをせずにぬるま湯だけの洗顔をするなどの対策が必要になってきます。

皮脂の取り過ぎは、乾燥肌の悪化につながってしまうからですね。

Topへ⇒女性ニキビ治療なび

サブコンテンツ

このページの先頭へ