注目!乾燥肌の人が使うべき化粧水と効果的な使い方について

乾燥肌の人はクレンジングと洗顔をし終わった後にはすぐに化粧水をつけないと、ものすごく肌がつっぱったり、肌がカサカサになったりしますよね?

ですが、人によっては化粧水を使っているけど肌に全然潤わなかったり、逆に肌に刺激があるような気がするという人もいると思います。

実は、乾燥肌の人が使うべき化粧水というのは、ある程度は決まっていると私は思っています。もちろん個人差はあると思いますが、、

以下で乾燥肌の人が使うべき化粧水とその効果的な使い方について詳しく見ていきましょう。

化粧水イメージ

化粧水の役割について

化粧水の役割について完璧に把握してるます!とう人は少ないと思います。私も化粧水について詳しく調べるまで全く気にした事なかったですね。。皆が付けているから私もつけてるといった感じでした。

「化粧水で肌の水分量を増やすんでしょう?」

↑化粧水の役割と言えば、上記のような文章を思いつく方が多いと思いますが、実はこれだけではないんです!

本来化粧水には、洗顔をし終わったあとに、すすぎに使ったぬるま湯の塩素を中和する目的があったりするのです!

他にも二キビを目立たなくするための成分が配合されていて、ニキビ予防が目的のもの、種類によっては、色素沈着タイプのシミ、そしてそばかすを予防するまであります。

このような効果があることを知っていれば、今まで以上に化粧水を丁寧につけてみようという気になりますよね?私は以前まで化粧水を適当にしけたことがなくて、化粧水の本来の役割を知って、ちょっぴり後悔しました。

化粧水の役割は、本来肌の水分補給や保湿だけでなく、上記のような目的もあったんですね。

なので、他の乾燥肌で悩む人ほど意識して付けて欲しいなと思っています。という私も未だに時間がないときは適当につけてしまいがちになるので、常に自分に言い聞かせるようにしています!乾燥肌の皆さん!いっしょにがんばりましょう!!^^

化粧水の付け方

ところで、化粧水の正しい付け方を知っている人ってどれくらいいるのでしょうか?

「私、化粧水の付け方ならすごく自信がある!」

という人は少ないんじゃないのかな?と思っています。私は、中学生になった頃から化粧水をつけていました。当時参考にしたのは私の母親で、その母親がコットンを使って毎晩化粧水を肌に付けていたので真似してつけていましたね。

見よう見まねだったので、完全に我流でとりあえず付ければいいという感じだったと思います。

ですが、この付け方はものすごく肌へ刺激を与えている方法なのです。(> <)

今この文書を読んで焦っている人も多いかもしれないですね。

コットンに化粧水をつけて肌に馴染ませることは、コットンの繊維が皮膚の表面を傷つけている可能性があります。

例えどんなにフワフワで高級なコットンを使ってもそのコットンの繊維が肌への刺激になると言われています。

インターネットや雑誌でも時々コットンで化粧水を付けるようにしましょうと推奨していますが、私は個人的には反対です。

実際に学生の頃はリッチにコットンを使っていたのですが、化粧水をつけた後はなんだかヒリヒリしていたのは、コットンのせいだったのかもしれないと今になって強く思うからですね。

理想的な化粧水の付け方としては、まず化粧水を手に適量とり、両手に広げてから次に顔に馴染ませていきます。この時決してパッティングをしながら付けないようにしましょう。パッティングをしたら、それが肌への刺激となりニキビなどの肌トラブルの原因になる可能性があるからですね。

両手につけたあとは、顔全体に優しく押し込むようにして馴染ませていきましょう!手でパックをするようなイメージです。

こうすることでじわっと体温を感じながら化粧水をなじませることができるので、化粧水の浸透力も変わってくると私は感じています。

また手で化粧水を顔に馴染ませていく時にも注意したい点があります。

それは、冷たすぎる手で化粧水をつけないようにすることです。

ぬるま湯で洗顔をした後に化粧水をつけるならまず冷たい手のままつけるということはあまりないとおもいますが、もしも冷たくなった手でつけようと思ったときは、付ける前に一度手を温めてから付けるように意識してみてください!

冷たい手のままだと、冷たい手が肌への刺激になったり、肌の血行を悪くしたりといったことが考えられるからです。

できることなら、体温くらいの温度の手で化粧水を馴染ませるように意識したいです。

主婦の方は要注意!

主婦の方だとお皿洗いなどで手が荒れてしまいがちになりますよね?いくらハンドクリームを塗ったとしても、お子さんが多い家庭では食器の量が多いのでどうしても手が乾燥して荒れてしまいやすくなると思います。

そんな時は、化粧水や美容液を付ける際に要注意しなければなりません。

手がカサカサしている状態だと、顔とそのカサカサ部分が触れ合うことによって顔が傷つけられる可能性があるからです。

できるなら手の皮膚が柔らかくなった状態で化粧水をつけるようにすることを私はおすすめしたいです。

Topへ⇒女性ニキビ治療なび

サブコンテンツ

このページの先頭へ