乾燥肌の人が選ぶべきファンデーションはコレです!

乾燥肌で悩む女性は一体どのようなファンデーションを使えば良いのでしょうか?

薬局でお化粧品コーナーを見ても、ファンデーションには本当にたくさんの種類があり、価格帯もバラバラですよね。。ブランド品になると、ファンデーションだけで何万円もするものもありますよね。

これではどんなファンデーションが自分の肌に合ってるのかわからないー!!!という女性のために、今回は乾燥肌の人が使うべきファンデーションの選び方と使い方について買い手いこうと思います!

ファンデーションイメージ

ファンデーションの種類

まずはファンデーションの種類についてです。皆さんはファンデーションの種類をどれくらいご存知でしょうか?

以下でちょっとまとめてみますね!

リキッドタイプ

リキッドタイプのファンデーションは、比較的に液体に近いファンデーションの事を指しており、チューブに入っているものが多い印象です。

リキッドタイプは、乾燥肌や普通の肌の人向けに作られていて、カバー力が強く、化粧崩れがしにくいファンデーションでもあります。

ですが、その油分を多く含んだ物が多く存在し、オイリー肌に近い人ほど使用するのは控えた方がいいと言われています。

パウダータイプ

パウダータイプは、名前の通り粉状のファンデーションで、乾燥肌の人には向かないとされています。

粉状なので、ファンデーションの種類の中では一番扱いやすいですが、その分化粧崩れが起きやすいのがデメリットですね。

クリームタイプ

クリームタイプも、リキッドタイプと同様に、乾燥肌向けに開発されているファンデーションだと言えると思います。油分が多く、カバー力も高いです。ですが、カバー力が強い分、使用するハードルはものすごく上がります。

また、化粧崩れがおきた場合に簡単に化粧直しができないのがクリームタイプのデメリットと言えるのかもしれません。

スティックタイプ

スティックタイプのファンデーションは、少し表現しにくいのですが、パウダーとリキッドタイプのちょうど間のようなファンデーションだと私は感じています。形は名前の通り、スティックでコンシーラーのようなイメージに近いと思います。

これも割と油分が多く、カバー力が強いため、乾燥肌人向けです。ただし、化粧崩れを引き起こしやすいのがデメリットだと言われています。

以上がファンデーションの主な種類となります。

もっと詳しく分類することができますが、とりあえずは上記の4つのタイプがあることを知っておけば、ファンデーション選びの参考に充分なると思っています。

※もちろん、販売している会社が違えば、同じタイプのファンデーションでも異なることが多々あります。

乾燥肌の人が選ぶべきファンデーションは?

乾燥肌の人が選ぶべきファンデーションは、リキッドタイプやクリームタイプのような油分が多めのものを使用することが良いと私は思います。

これらのタイプは油分が多いので、肌の水分を保つ効果が現れるかもしれませんし、また皮脂で化粧崩れがおきるということが少ないからですね!

ここで注意したいのが、

「乾燥肌だから絶対にパウダータイプのファンデーションは使わない」

↑と決めつけてしまうことです。これは非常にもったいないと思っています。その理由として、乾燥肌の人でもパウダータイプの方のファンデーションが自分の肌に合っているという人も少なからずいると思うからです。

一番いいのは、どれも一度試してみて、それで良かったら継続してみる。そして期待した効果が得られたら、使用継続という風に、少しずつ自分の肌に合うものを使う事が一番良いと思います。

ファンデーションの使い方

乾燥肌の人は、どんなファンデーションを使うのかが大事になってきますが、それと同じように、ファンデーションの使い方も非常に大切になってきます。

乾燥肌の人は、ファンデーションをお顔に塗る際には、スポンジを使ってポンポンと叩くようなイメージ(スライド)で塗っていくのが1番いいと思っています。

酷い乾燥肌の人が、普通の肌の人のようにファンデーションを伸ばすようにお顔につけていくと、簡単にお化粧崩れを引き起こしてしまうからですね。

「どうしていつも化粧崩れしちゃうのかな?」

と疑問に思っている乾燥肌の方ほど、ファンデーションをのばしして付けている人が多いと感じています。最初は違和感だらけかもしれませんが、スポンジ等で軽くポンポンと叩きながら(スライドさせながら)お肌に馴染ませていくことをおすすめしたいです。

化粧崩れをしてしまったら・・・

乾燥肌の人は、すぐに化粧崩れをしやすいですよね?ファンデーションを上から重ね付けしようとしてもまたすぐに化粧崩れを起してしまうます。最悪の場合はどんどん悪化してしまいます。

もしも乾燥肌の人が化粧崩れを引き起こしたら、その際は思いきって乳液でカバーするようにしましょう!それで顔の水分と油分を同時にカバーできることが多いです。

ものすごくシンプルですが、これが1番の対策だと私は実感しています。

Topへ⇒女性ニキビ治療なび

サブコンテンツ

このページの先頭へ