重要!オイリー肌の人のメイク落としの方法について!

10代、20代前半の女性の中には、オイリー肌で悩む人が多いと思います。以前の私もものすごく自分のオイリー肌で悩んでいました。

特に思春期になると、周りの友達が徐々に化粧をしはじめて、私もしなくちゃ!ってなりますよね?ですが、オイリー肌の状態でメイクをするのってものすごく難しいんです。

なので、間違った方法でメイクをしてしまったり、メイクを落としたりする方法をこの時に身につけて大人になってから困ることになるケースも多いです。

メイク落としイメージ

オイリー肌って?

さて、オイリー肌についてです。オイリー肌とは、普通の人の肌よりも何だかテカりがあって、ベトベトしている肌質のことを指します。特にTゾーンがこのような肌質になることが多いです。

これは、皮脂が普通の人の肌よりも多く分泌されているのが原因なんですね。顔に皮脂が多いと化粧崩れをしやすく、そのケアも難しくなります。

普通の人の肌にも皮脂はあるのですが、それは肌を守る役目を担うものであり、通常はある一定量で調整されているはずなんですね。ですが、様々な理由(食生活や生活習慣、スキンケア)が複雑に絡みあうことでオイリー肌に発展してしまうのですね。

肌質がオイリー肌になってしまうと、顔の表面には過剰な皮脂で覆われることになります。完全に余計なものとなってしまうわけですね。

顔にある皮脂は、いずれ酸化します。皮脂が酸化するとそれは活性酸素を発生させ、肌を老化させる原因になります。また、毛穴へダメージを与えて、毛穴の黒ずみの原因にもなったり、肌のターンオーバーを送らせて毛穴が詰まりやすくなり、ニキビの原因になってしまうことが考えられます。

オイリー肌の人のメイク落としについて

特に思春期はホルモンバランスが乱れやすくなる時期なので、顔に分泌される皮脂の量は多いです。顔に皮脂が多く状態だと、上手にメイクをすることが難しくなります。

メイクを覚えたての10代は、皮脂が多かった頃のメイクの方法がベースになってしまうことが多く、間違った方法のまま大人になってしまう人も多く居ます。

なので、それに気づかないままか間違った方法でメイクをし続けたり、メイクを落としたりすると肌へのダメージが蓄積し、気づいたらニキビなどの肌荒れに悩まされていた・・・なんてケースも多いです。

なので、しっかりと正しい方法を身につける必要があると思っています。

まずはクレンジングから見ていきましょう。

クレンジング

オイリー肌の人は顔表面の皮脂が多いため、メイクをした際に、お化粧が顔に付きやすいです。そして、それだけ汚れも尽きやすくなってしまいます。

皮脂や汚れが顔に付く量が多い状態でメイクをすると、それが顔の雑菌の繁殖の原因になったりすることもあるので、オイリー肌の人は自宅に帰ったら、第一にメイク落としをすることをおすすめしたいです。

これだけで肌への負担が全然違ってくると思っています。

オイリー肌の人がしたいクレンジング方法は、

①クレンジング料を商品説明書(パッケージ)に書かれてある分量を手に取ります。

②次にクレンジング料をTゾーンから優しく馴染ませていきます。この時、指の先でやさしく触れるか触れないかくらいの力加減が理想だと言われています。

③次に頬やあご、口周りなどのUゾーンにつけます。Uゾーンは乾燥しやすい部位なので、Tゾーン以上に優しく丁寧につけていく必要があります。

④最後に顔全体に馴染ませて、指先でやさしくくるくるとしてぬるま湯ですすぎます。

これが具体的な手順となります。クレンジングは長くても1分で終わらせるようにしましょう。また、クレンジングのあとに洗顔をするので、この段階でメイクは6割程度落ちていれば大丈夫です。

洗顔

クレンジングが終わった後は、洗顔になります。オイリー肌の人は顔の皮脂を全て取り除こうとする傾向が強いですが、それは絶対にやらないようにすることが良いと私は思っています。

既に書きましたが、顔を保護するためには一定量の皮脂が必要だからです。洗顔でゴシゴシ顔を洗うと皮脂が完全に洗い落とされてしまって、脳はより皮脂を出すので、逆にオイリー肌にしてしまうのです。

オイリー肌の人へおすすめしたい洗顔の具体的な方法は、

①洗顔の前にはきちんと手を洗い、清潔な状態にしておき、そして、顔をぬるま湯でかるく濡らしておきましょう。

②手に洗顔料を適量とり、泡立てネット等でしっかりと泡を立てます。

③まずはTゾーンから泡をのせていき、優しくくるくると馴染ませていきます。

④次にUゾーンです。ここも泡で丁寧に、皮脂を取りすぎないイメージで洗顔しましょう。

⑤最後にぬるま湯ですすぎましょう。

洗顔で完全にメイクを落とすようなイメージです。ここで注意したいのが、洗顔も長くて1分以内で終わらせたいということです。

それ以上は逆に肌へダメージを与えることになるので注意が必要です。

指先でゆっくり丁寧にするだけでメイクは落ちると私は思っています。なので、それでメイクが落ちないようなら、間違ったメイクをしている可能性があるので、一度見直してみることも必要になってきそうです。

Topへ⇒女性ニキビ治療なび

サブコンテンツ

このページの先頭へ