思春期ニキビと大人ニキビの違いを理解することはかなり重要です

思春期ニキビは、主に体の成長する際に伴う「ホルモンバランスの乱れ」によってできるニキビのことを指しています。一方の大人ニキビの原因は、肌の乾燥やストレスよって発生するケースが多いです。

タイトルにもあるように、「思春期ニキビと大人ニキビの違いを理解すること」はニキビを治していくうえで非常に重要な知識となってきますので、以下でこれら2つのニキビについてを詳しく書いていきますね。

思春期ニキビ大人ニキビ

思春期ニキビについて

思春期ニキビとは名前の通り、思春期(小学校高学年~高校生)の頃にできるニキビのことを指すことが多いです。

その思春期ニキビができる主な原因は、成長期に伴う体の中のホルモンバランスの乱れが上げられます。

このホルモンバランスの乱れが起こると、顔の毛穴から排出される皮脂が過剰に分泌されることになります。

その結果、Tゾーンと呼ばれる「おでこ」や「鼻」といった顔の中でも特に皮脂の多い箇所にニキビができやすくなるのです。

大人ニキビについて

次に大人ニキビについてです。大人ニキビとは、20歳を超えてからも顔にニキビができたときに呼ばれるニキビのことを指すケースが多いです。他にも「アダルトニキビ」と表現されることもあるようです。

そんな大人ニキビができる主な原因は、顔の水分量が本来あるべき量よりも著しく少なく、皮膚の角質が乾燥してしまうことにあります。

角質層が乾燥すると、皮膚の表面が乾燥した土壌のようになっているため、毛穴をつまらせてしまいます。

その結果、本来排出されるはずの皮脂が、毛穴の中に詰まるという現象が起き、ニキビとなってしまいます。これが大人ニキビの主な原因と言われています。

そのため、普段から皮脂の分泌の少ない口回りや顎(あご)といった部分で発生するケースが多いです。私の場合は口回りと顎、さらには左右のほっぺたにも大量にできました。

肌が乾燥しやすいところほどニキビができやすいのも大人ニキビの特徴です。

まとめ

上記のように、思春期ニキビと大人ニキビとでは、ニキビが発生するまで過程が違ってきます。そのため、この2つのニキビは適切な治し方もそれぞれで異なってきます。

なので、思春期ニキビと大人ニキビの違いについてしっかりと知識を身につけ、それぞれのニキビに適切な治療を施す必要があります。

さもないと、ニキビが治るどころか、逆に悪化してしまうという世にも恐ろしい事件が起こること予想されます。

皆さん、思春期ニキビと大人ニキビの違いを甘くみると痛い目にあいますよ。

さいごに。私はどちらもできたことがあります。

私のケースで挙げさせてもらうと、高校生の頃は思春期ニキビで悩み、20歳を過ぎてからは特に大人ニキビで悩みました。

どちらも外から見ると同じニキビなのですが、ニキビができるまでの背景が全くことなっていたということに全く気づかず過ごしてきました。

そのため、乾燥が原因の大人ニキビが発生した時も、思春期ニキビを治す方法(洗浄力の強い洗顔)をしていたため、ニキビを治すどころか、洗顔をする度にニキビを悪化させるという悪循環に陥っていました。

なので、他の人には間違った努力をしてほしくないと本気で思っています。

Topへ⇒女性ニキビ治療なび

サブコンテンツ

このページの先頭へ