オイリー肌の人は、ノンシリコンシャンプーを使うべき重要な2つの理由

最近美容室に行くと、鏡の横に「当店ではノンシリコンシャンプーがおすすめ!」と画用紙に書かれてありました。

また美容室に限らず、テレビや雑誌なんかでも「ノンシリコンシャンプー」が取りあげられていて、ものすごく気になっていました。

なので調べてみると、そのノンシリコンシャンプーを使うことはオイリー肌で悩む人にとって良いメリットがあるという情報をキャッチしました。

以下で詳しく見ていきましょう!

シャンプーイメージ

ノンシリコンシャンプーとは

まずはノンシリコンシャンプーが何なのかをまとめますね!

普通の市販されているシャンプーには、シリコンという油が使用されています。

例えば、「ジメチコン、シクロメチコン、シロキ、シリカ、メチコン」と呼ばれるものが、シャンプーのパッケージにある成分表のところに記載してあったら、シリコンが含まれているということになります。

このシリコンは、人が人工的に作り出した成分であり、この成分が含まれていると、髪の毛をコーティングし、肌触りを良くしてくれる効果が期待できるんですね。

だけど、このシリコンには髪を修復したりすることはないとのことなので、あくまで表面的な効果だけだということなんですね。。

逆にこのシリコンが含まれることによってのデメリットもようです。

シリコンは人工的な油なので、それが髪の毛穴を詰まらせる原因になり、髪に充分な栄養が行き渡らなくなる恐れがあるんですね。。

そうなると髪の毛の成長に悪影響だけでなく、最悪の場合毛穴が閉じて髪の毛を失ってしまうというシナリオも想定されることになってしまいますね。。

ですが、これはあくまで可能性という話で、そのまでシリコンばかりを悪者扱いするのはどうかという意見があるのも確かです。

そこで活躍してくれるのが、今回取り上げている「ノンシリコンシャンプー」になります。

シャンプーの本来の目的に着目し、頭皮の余分な皮脂や汚れを落とすことだけに特化したものが「ノンシリコンシャンプー」なんですね。

本来だと髪の毛には、体内で作られた皮脂という油でコーティングされているのですが、それを無理矢理のようにシャンプーで洗浄し、洗い落としてしまうとシリコンのような人工的な物でキューティクルを付けないといけないようになるんですね。

今考えてみると、人が作る油を取り除いて、人工的な油をつけるって・・・なんだかかなり恐ろしいことを私たちは普段からしてしまっていたのかもしれませんね。。

ノンシリコンシャンプーのメリット

ノンシリコンシャンプーを使うことによって得られるメリットは、人工的に作られたシリコン(油)で髪の毛をコーティングしないということです。

なので、シリコンによって毛穴を塞ぐことはなくなるので、それによる髪の毛の成長に影響を与えることは少なくなるのがメリットだと私は考えています。

また、肌への影響を考えた時に、ノンシリコンシャンプーの方がいいと私は思います。

その理由として、シリコンが含まれるシャンプーをすすぐ時に顔にもかかったとします。すると、顔にシリコンがかかることになりますよね?

そう考えると、顔の表面もシリコンという人工的な油が顔を覆うということになります。

すると、それが顔のテカリの原因になったり、毛穴をつまらせてニキビを発生させてしまうことも考えられるからです。

オイリー肌で悩んでいる人の中に、シャンプーに入っているシリコンが原因な人も多いと私は思っています。

本来であれば肌には薄い皮脂膜だけで充分なはずなので、シャンプに含まれるシリコンが肌についてしまうと、それが肌へ悪影響を与えてしまう可能性があると考えています。

なので、オイリー肌の人でシリコンが入っているシャンプーを使っている人は、一度ノンシリコンシャンプーに変えてみることを是非検討してほしいと本気で思っています。

ノンシリコンシャンプーにもは石油系界面活性剤が入っているかも・・・

ノンシリコンシャンプーを使う際にもう1つ確認してほしいことがあります。それは、石油系界面活性剤を含んでないものを選ぶということです。

石油系界面活性剤が入っていると、皮脂や汚れを綺麗に洗い落としてくれますが、それは逆に肌や頭皮に必要な皮脂をも簡単に取り除いてしまうということです。

それは、頭皮を乾燥させる原因になります。頭皮の皮脂がなくなると、脳は今まで以上に皮脂を排出しようとします。その結果、頭皮が油っぽくなる原因となり、頭皮の毛穴を詰まらせ、抜け毛や髪の毛が細くなったりすることに繋がってしまうんですね。。

成分としては、ラウリル硫酸Na、スルホン酸Na、コカミドDEA、ポリオキエチレンアルキルエーテル硫酸塩と言われるものがシャンプーのパッケージに記載してあると購入を再度検討する必要があると私は思っています。

例えノンシリコンシャンプーでも、上記のような石油系界面活性剤が含まれていると完全にアウトになります。

これも頭皮だけじゃなく、顔にも同じことがいえます。シャンプーをすすいだ際に、石油系界面活性剤が流れてくると、顔の皮脂も洗いおとしてしまう危険性があり、それが続くと、脳が顔の皮脂が足りないという判断をして皮脂の分泌を増加させてしまう恐れがあるからですね。

特にオイリー肌で悩んでいる人は注意したいところです。

Topへ⇒女性ニキビ治療なび

サブコンテンツ

このページの先頭へ