オイリー肌の女性必見!オススメしたい化粧水はコレです!

洗顔をしたのに、しばらくするとまたすぐに「テカる」・「ペトペト」する・・・もうっ!!

ってなる方は、恐らく肌の状態がオイリー肌であると考えられます。私も少し前までは完全にオイリー肌で、常に顔がテカテカしていましたね。写真でフラッシュをたかれると顔が反射して映るくらいオイリー肌でした(涙)

そんなオイリー肌の人が使うべき化粧水ってどんなものなのでしょうか?以下で詳しくみていきましょう。

オススメ化粧水イメージ

化粧水の前に洗顔をしっかりと!

オイリー肌の人は、普通の人よりも皮脂の分泌が多いので、洗顔にも力を入れてする必要があります。

なぜなら、顔に皮脂がありすぎたり、汚れが残っていたりすると化粧水をつけても上手く浸透せずに、期待した効果が出にくくなるからですね。

※あ!ここでの「力を入れて」は、決して「ゴシゴシ」と洗顔するという意味ではないので注意してください。

皮脂は肌を保護してくれる大切なものですが、その量が一定量を超えると、逆に毛穴をつまらせる原因になったり、皮脂が酸化して肌へ刺激を与えることになってしまいます。

なので、最低限の皮脂だけを残すような洗顔をしていくように心がける必要があります。

正しい洗顔で綺麗にした後に、しっかりと化粧水をしていくことがオイリー肌を改善していく最善策だと私は考えています。

よく、オイリー肌の人の中に、洗顔後に何もつけないという人がいらっしゃいます。実はこれがオイリー肌の原因になっている可能性が高いです。

なぜなら、肌が乾燥すればそれだけ肌のバリア機能が低下するということになり、それを防ぐために脳が皮脂を多く分泌するからです。

その結果、

洗顔後何も付けない→肌が乾燥する→皮脂がより分泌される→ハードな洗顔になる→肌がさらに乾燥する→以前よりもっと皮脂が多く出る(オイリー肌が加速することになります)

といった悪循環に繋がってしまうからですね。

正しい洗顔をした後は、化粧水・乳液や美容液で肌の乾燥を防ぐように意識することをオススメしたいです。

オイリー肌の人はどんな化粧水を選べばいいのか?

では、オイリー肌の人はどのような化粧水をつかえば肌質が改善していくのでしょうか・・・?

オイリー肌の人は顔が、皮脂で常にペタペタしているような状態なので、化粧水も保湿力が高いものだとよりペタペタしすぎてしまいますよね?

あまりに保湿力が高いものだと逆に毛穴を詰まらせる原因となってニキビの原因になる可能性があります。

なので、私が実際に使用して効果があるなと実感したのは、さっぱりしたタイプの化粧水です。

さっぱりといっても、つけた後にスースーするようなもの(アルコール成分)が入っていないものを使用します。簡単にいうとほとんど水じゃないの?というくらいさっぱりしたものが良いと感じています。

これはあくまでも私個人の意見で、その人に合った化粧水はまた全然ちがうというケースもあるので、化粧水を使って少しでも違和感があるものはすぐに使用を中止して他の化粧水にチャレンジしてみるといったことも非常に大切になってきます。

化粧水の付け方について

化粧水を手でパッティングしながら、またコットンに付けて顔の上をパタパタさせている方がいたらすぐに中止することをオススメします。

なぜならこれらの方法で化粧水を顔につけると、逆に肌への刺激となり、それがニキビの原因となってしまうことがあるからです!

理想の化粧水の付け方は、まず両手いっぱいに化粧水をなじませ、それからゆっくりと優しく押し込むようにしていくことが、1番肌への負担が少なく化粧水を馴染ませることが可能だと思っています。

決してパッティングやコットンで肌を傷つけることのないようにしていきたいですね!

ビタミンC誘導体の化粧水がいい

もしも経済的に余裕があって、オイリー肌を本気で改善したいと思っている方は、ビタミンC誘導体が配合された化粧水をつけることをオススメしたいです。

ビタミンC誘導体は、ニキビ治療のための万能薬とまで呼ばれるくらい本当に効果がある成分だと私も実感しています。

オイリー肌の人が敵視している皮脂の分泌を押さえてくれたり、毛穴を引き締めたり、色素沈着タイプのニキビ跡やシミなどの改善にも大いに貢献してくれるものです。

また抗酸化作用もあるので、肌の老化を防ぐ効果も期待できます!

高価な化粧水だから効果が高いわけじゃない

タイトルがおやじギャグみたいになってしまいましたが、、(汗)これって、事実みたいですね。私も以前は本当に高価な化粧品を使っていた時期があります。だけど結果は、、あまり感じられませんでしたね。(><)

値段が高いものはそれなりに、いい原料を使っているのでしょうけど、その高い原料がわたしの肌に合わなかったのかもしれないですね。。

化粧水の値段は本当にピンからキリまで多く存在しています。なので、安易に高価なものだから高い効果を期待する考えはちょっと危険なのかもしれません。

安くてもいいものはたくさんあると思いますし、何より大事なことは、自分の肌質にあった化粧水を選ぶことだと思っています。

Topへ⇒女性ニキビ治療なび

サブコンテンツ

このページの先頭へ