混合肌の人はファンデーションの選び方に気をつけて!じゃないとニキビが・・・

混合肌の人は、ファンデーションの選び方1つでも細心の注意が必要となってきます。

ファンデーションといっても様々な種類のものがありますよね?パウダータイプやリキッドタイプ、クリームタイプなど数多く存在しています。

そんな多くあるファンデーションの種類の中で、どのタイプのものが混合肌の人にとって1番良いのでしょうか。

まずは、ファンデーションの種類から見ていきましょう。

ファンデーションイメージ

ファンデーションの種類

ファンデーションを大きく種類分をすると、パウダータイプとリキッドタイプの2種類になります。ここでは、それをさらに3種類に分けてご紹介していきますね。

パウダータイプ

パウダータイプのファンデーションは、乾燥肌の人にオススメしたいものです。混合肌の人なら、頬やあごといったUゾーンは特に乾燥しやすいですよね?そういう場所には、このパウダータイプのものがいいといわれています。

そうはいっても、パウダータイプを乾燥している肌に使うと逆に乾燥が悪化してしまうイメージがありますよね?私も最初はそうでした。

実際に、パウダーが肌の水分や皮脂を吸収するらしいのですが、ファンデーションを塗布するまえにしっかりとセラミドなどが配合された美容液等でスキンケアできていれば問題ないとされています。

また、パウダータイプはお化粧慣れしてない人でも簡単にメイクできるので、メイク初心者という人にもオススメです。

他にも、パウダータイプは、添加物が少なくできているので、肌に悪影響が出にくいのも魅力の1つです。

デメリットは、お化粧をして時間が経つごとに化粧崩れが起きやすくなるのが欠点です。ですが、パウダータイプなら簡単にメイク直しができるので、その点はすごく便利だと私は思います。

リキッドタイプ

リキッドタイプは、液体で油分が多いのが特徴です。そのため、カバー力は強いですが、その分肌へのダメージはすごく大きくなってしまいます。

特に混合肌の人が、Tゾーンにこのタイプのものをつけると、ニキビができやすくなったり、ニキビが悪化したりする可能性があります。

また、最近ではウォータープルーフタイプのような毛穴までしっかりカバーしてしまうものが発売されていますが、あれも使い方を間違えると、すぐに毛穴を詰まらせることになり、ニキビの原因となってしまいます。

さらに、メイクを落とす時にも一苦労するのが、リキッドタイプの特徴だと思っています。

カバー力が強いので、その分洗い落とすときもかなり労力を必要とします。場合によっては、超強力なクレンジングを使わないと完全に洗い落とせない・・・なんてこともあると思います。

そうなれば、メイクとメイク落としのダブルパンチを肌が受けることになるので、シミの原因になったり、ニキビなどの肌トラブルを抱えやすくなると思っています。

クリームタイプ

次に、最近何かと話題になっているクリームタイプのファンデーションです。呼び名の通り、クリーム状になっているファンデーションのことを指しています。

私の個人的な意見ですが、リキッドよりもカバー力が強くて、化粧崩れもしにくく、さらには仕上がりがナチュラルな感じがすると思っています。

簡単に顔にあるシミやくすみもカバーしてくれるので、大事なデートなどのシーンで大活躍してくること間違いなしだと思っています。

ですが、これもカバー力が強いために、肌への刺激はそれに比例して強くなります。へたにしすぎると、ニキビなどの肌荒れを引き起こす原因となるので、これも取り扱いに十分気をつけたいファンデーションです。

色の選び方

「あ、このファンデーションの色いいなー!」

と思って実際に自分の肌につけてみると、色が合わない・・・(涙)ってことはたくさんありますよね?

ファンデーションの色を少しでも失敗すると、首と顔の色のバランスが悪いので、第一印象もすごく悪くなるとおもいます。それくらいファンデーションの色には気をつけなければいけまんせん。

ファンデーションは、フェイスラインの色に合わせると上手く行く。

↑これは、私がメイクの仕方を教えてもらったプロのメイクさんのお言葉です。

私は以前、首の色とファンデーションの色を合わせると良いと誰かに聞いたことがあって、ずっと首の色に合わせていたのですが、実はこれ、あまり良くなかったんですね。

ファンデーションは基本的に顔につけると思うので、顔の色により近い、フェイスライン(あごや耳の下)に合わせると、より顔の色に馴染みやすいです。

実際に私もフェイスラインの色に合わせてファンデーションを選ぶようにしたら、モテはじめました(笑)それくらい他人に与える印象が違ってくるみたいです。

自分でも顔の色が以前よりも明るくなったと感じています。首は影などもできやすく、顔の色よりも少し黒く見えるのかもしれませんね。。

なので、ファンデーションを選ぶ時は、自分のフェイスラインの色に合わせるということをしっかりと記憶しておきましょう!

Topへ⇒女性ニキビ治療なび

サブコンテンツ

このページの先頭へ