ニキビの原因であるアクネ菌。嫌気性の特徴を知れば対策できる!

ニキビの原因菌になりうる細菌の中にアクネ菌があります。アクネ菌という言葉は多くの人が知っていると思います。

また、ニキビができるのはアクネ菌と思っている人の数も多いと思います。ですが、このアクネ菌はニキビのない人の肌にも常に存在している細菌、つまり常在菌なのです。

アクネ菌が顔にいないと肌の環境が悪くなってしまうと言われています。

嫌気性イメージ

アクネ菌の働き

アクネ菌は、肌の環境を整えてくれる非常に大切な常在菌です。アクネ菌は皮膚を弱酸性に保ってくれる働きを担ってくれています。これは、肌を外敵から守ってくれることに貢献しています。肌は弱酸性に保たれる方がいいんですね。

なので、アクネ菌=ニキビの原因と一方的にダメな菌と決めつけるのはあまり良くないと私は感じています。アクネ菌がいないと逆に肌トラブルを抱えやすくなるからですね。。

アクネ菌がニキビの原因になる本当の理由

まずはニキビができる原因をしっかりと把握する必要があります。ニキビができる本当の理由を知っている人はあまり多くないのではないでしょうか?私もニキビについて勉強するまで知らなかったからです。

ニキビは、毛穴がつまることで発生します。毛穴がつまるということは、本来なら毛穴から排出されるはずの皮脂が出て行けなくなり、毛穴に皮脂が溜まってしまうことになります。

そこに、皮脂を好物とするアクネ菌がやってくると、毛穴の中で体の免疫反応が発生し、白血球とアクネ菌の戦いが始まります。これが、ニキビの炎症が起こる原因となります。

つまり、アクネ菌が毛穴の中に侵入することでニキビができるのですが、よく考えてみると、毛穴の中に皮脂が詰まることがなかったらアクネ菌が登場する幕はないですよね?

なので、ニキビができる最大の原因は「毛穴の詰まり」にあるということになります。

アクネ菌は殺菌しない方がいい

よく耳にするのが、ニキビの原因菌をやっつけてニキビを治そうというニュアンスの言葉です。

確かにニキビの原因菌(アクネ菌など)を、刺激の強い(殺菌作用がある)ニキビケア商品を使ってやっつければ、ニキビは発生しにくくなると思います。

ですが、これをし続けると、肌の常在菌の数のバランスが悪化してしまい、肌環境というのは劣悪なものになります。

また、刺激の強いニキビケア商品は洗浄力もかなり強いものであることが多いと思います。これは、必要な分の皮脂も取り除くことにつながり、体はそれをカバーしようと、以前よりも皮脂を大量に分泌しようとします。

これらは逆にニキビを発生することにつながってしまうので、辞めた方がいいと私は考えます。

アクネ菌は嫌気性という特徴を持っている

アクネ菌は嫌気性をもつ細菌です。嫌気性とは、酸素のある場所を嫌うという性質のことを指しています。なので、アクネ菌は酸素が多くある環境では生きていけない細菌なのです。

どうしてアクネ菌が毛穴の中で繁殖するのかも、この嫌気性が関係しています。例えば、白ニキビ状態の毛穴の奥には、アクネ菌が好物とする皮脂がたくさんあり、さらには酸素があまりない環境です。

これは、思い切りアクネ菌が好む環境ということになりますね。逆に言えば、酸素がない環境を作ってしまわなければ、アクネ菌は繁殖することができないということです。

アクネ菌が繁殖してできたニキビは危険

ニキビは症状によって4つの段階に区別することができます。

・白ニキビ
・黒ニキビ
・赤ニキビ
・黄ニキビ

ですね。この中の白ニキビと黒ニキビの段階では、まだアクネ菌増殖していないと言えます。ですが、あとの2つ赤ニキビと黄ニキビでは既にアクネ菌が大量に繁殖し、皮膚の奥にある真皮細胞までも攻撃している可能性があります。

つまり、アクネ菌が大量繁殖している赤ニキビ、黄ニキビまで進行がすすむと、ニキビが治ったとしても、後にニキビ跡を残すことになってしまうことになります。。

なので、そうならないためにも、白ニキビや黒ニキビの段階でニキビを治してしまうことがすごく重要になってきます。そして、赤ニキビや黄ニキビまで進行したら、より一層注意して適切な処置をする必要があります。

毛穴の中で皮脂とアクネ菌を増やさないために

毛穴の中に皮脂が詰まって、そこにアクネ菌がやってくることによってニキビの炎症が起こります。なので、それを防ぐために日頃から対策をしておく必要があります。

普段の食生活を見直したり、生活習慣を規則正しいものにするなどが挙げられます。具体的に見ていきましょう。

皮脂を多く分泌させる食事をやめる

皮脂を多く分泌させる食べ物といえば、甘いお菓子や脂質を多くふくんだものです。チョコレートやケーキ、唐揚げや天ぷらなどが挙げられます。

これらは少し食べるくらいなら何の問題もないのですが、食べ過ぎると皮脂の分泌を増やしてしまう可能性があるので、これらが大好物だと言う人は注意して食べるようにしましょう。

また、社会人の方で飲み会によく参加するという人も要注意です。居酒屋で出てくる食べ物は脂っこいものが多いですよね?そこにカルアミルクやカクテルなどの甘いお酒を飲むと、糖質&脂質のオンパレードです。

ニキビをつくるために食事していますと言っているようなものなので気をつけましょう!

Topへ⇒女性ニキビ治療なび

サブコンテンツ

このページの先頭へ