女性のニキビは内臓障害が大きく関係している!?

ニキビは、思春期ニキビだと皮脂の分泌量が多い”おでこ”や”鼻”にできやすかったり、大人ニキビだと、肌が乾燥しやすい”あご周辺”にできやすかったりしますよね?

ですが、ある一定の場所にできるのではなくて、その時々によってできる場所が変わっている人も大勢いらっしゃると思います。このような人は、もしかすると内蔵障害が大きく影響しているのかもしれません。

以下で詳しくみていきましょう。

内蔵機能低下イメージ

おでこの周辺のニキビ

思春期ニキビは、おでこに出来る傾向が強く、若い女の子にとってはとてつもない精神的ダメージを与えてしまいますよね。。それは本当に学校に行くたくないレベルのものです。私もそうだったので、辛い気持ちが本当によくわかります。

ですが、大人になっても”おでこ”にニキビが頻繁にできるという人は要注意です。

額に出来るニキビは、胃や腸といった臓器が弱っていることを示していることがあるからです。

胃や腸を弱らせる原因は、強いストレスだったり、偏った食生活などで簡単に腸内環境は壊されてしまうからです。

特にフルタイムで働いている女性の人は、仕事の中で強いストレスに悩まされ、帰宅時間も遅かったりするとコンビニやスーパーの惣菜で済ませてしまいがちになりますよね?これが腸内環境を悪化させている可能性があります。

なので、食生活を見直すこと、ストレスを発散する方法を身につけるなど、ニキビ予防には当たり前のことですが、これらを徹底的に見直すことが非常に重要になってくると思っています。

目やこめかみ付近にできるニキビ

時々、目の周りやこめかみにニキビが繰り返しできちゃうという人と出会います。普通の人なら、目の周りやこめかみにできることはほとんどないのですが、肝臓や腎臓の機能が低下してしまっていると、これらの場所にニキビが発生しやすくなります。

肝機能の低下は、お酒などのアルコールを摂りすぎたりすることで起こります。肝臓が悪くなると、体の解毒作用が無くなり、体の倦怠感も酷くなります。

肝臓は悪くなってもほとんど痛みを感じないので、気づいたから手術しなくちゃいけなくなっていたなんてことが普通に起こりえます。

なので、目やこめかみにニキビが繰り返しできるようになったら、病院で肝臓が悪くなっていないか検査されることをおすすめします。

次に腎臓です。腎臓の機能が低下すると、体に不必要な塩分や水分の排出が非常に難しくなってしまいます。

どうして腎臓が悪くなるのかというと、偏った食事や不規則な生活習慣が主な原因となるようです。最悪の場合透析しなければいけない体となってしまうので、定期的に腎臓の検査を病院で受けるなどして、早期発見につとめるようにしましょう。

頬にできるニキビ

頬に出来るニキビは、、胃や肝臓、肺の機能低下、腸内環境(大腸)の悪化などの内臓障害が挙げられます。

一説によれば、肺と腸は表裏の関係であると言われており、特にほっぺたにできるニキビは、便秘の時にできやすかったりすると言われています。肺が悪いと、頬や鼻にニキビができやすいとのことです。

なので、頬ニキビができやすい人は、大腸の環境を良くすることを意識して過ごす必要があるようです。私のオススメは、水分をいつもより多めに摂ってみたり、ヨーグルトを食べてみることです。

口の周りにできるニキビ

口周辺にできるニキビも、胃や腸の機能が低下している時に発生しやすいと言われています。

特に、暴飲暴食を繰り返したり、忙しくて食事が偏りがちになったり、飲み会で飲み過ぎたりした時にできやすくなります。

確かに、私も前つき合っていた彼氏に別れ話をされ、友人との慰め会にて自暴自棄になって、暴飲暴食に走っていたときは口周りにニキビが大量発生していましたね。。

口周りって乾燥しやすい場所でもあるので、ニキビができるとすぐに痒くなって掻いて、、そして色素沈着タイプのニキビ跡ができていました。。

口周りに出来たときは、まず保湿、次に保湿ととにかく肌を乾燥させないようにすることが非常に重要になると実感しています。

あごにできるニキビ

あご周辺にできるニキビは、大人ニキビの代表的な箇所といっても過言ではないはずです。ストレスが原因だったり、肌の乾燥が原因の他に、体の冷え性や婦人科疾患の恐れもあるので大変注意が必要です。

体が冷える原因は、現代の日本女性にとって慢性的な病気のようなものだと私は思っていて、なぜなら一日中エアコンの効いた部屋にいることが多いからです。

これだけ快適に過ごしていると、体温調節をしてくれる自律神経の乱れが起こっても、なんら不思議ではないですよね?この自律神経の乱れは、女性ホルモンのバランスも乱すことにつながり、冷え性へとつながることがあります。

また、運動不足による筋力低下が原因で血行が悪くなり、結果として冷え性になることも考えられます。ウォーキングなど軽い運動を取り入れて冷え性対策を行いましょう!

また、あご周辺にできるニキビは婦人科系の病気の疑いもあるので、あまりに症状が酷い人は、皮膚科と産婦人科を受診することをおすすめします。

Topへ⇒女性ニキビ治療なび

サブコンテンツ

このページの先頭へ